2022年7月12日(火) カタリバ大学128講 「俺の古希だ文句あるかフェスティバル」

2022.7.02 イベント

2022年7月12日(火) 16:00~22:00
自由な時間に参加してください(入退室自由)
カタリバ大学128講 「俺の古希だ文句あるかフェスティバル」
======================
すぐにお申し込む方はこちら
======================

寺脇さんがついに古希になるらしい。
つまり70歳です。

NPOカタリバが寺脇さんと出会ったのは、2008年のこと。
あれは冬でした。もう14年も前のことです。

あの頃の寺脇さんと言えば、「アウトロー豪快おじさん」という存在感で、
気に入らないものすべてなぎ倒すかのごとき威光を放っていました。
それもそのはず。
文部科学省を離れたばかりの当時の寺脇さんは、まだ50代だったのでした。

冬の渋谷で、酔いつぶれて終電を逃し、若い官僚たちに運ばれていく様子は、
どこか縄文時代のマンモス狩りを思わせました。

、、とんでもない人と出会ってしまった。
それが率直な感想でした。

それから僕は、メディアに「ミスター文部省」と名付けられ、
毎晩のように報道番組や討論番組に出演していた時代の寺脇さんを
You Tubeで何度も観ました。やはりとんでもない人でした。

そんな寺脇さんを学長に、カタリバ大学が始まったのは2009年ことです。
「2040年の未来をデザインする」と息巻いた学び場は、
時の為政者たちにとっての論戦の場だった時代もありました。
事務所がSPに囲まれて大騒ぎになった時代もありました。

しかし、時は流れ、つわものどもが何とやら、
いつしか学びの主導権を奪還したのは、学生スタッフでした。

カタリバ大学は、自分が学びたいことをみんなで学ぶための場として、
世代交代を重ねながら、コロナ禍にも負けず、128講を重ねました。
カタリバ大学は何をなし、何をなし得なかったのでしょうか?

そして今、寺脇さんは70歳を迎えようとしています。
一応お伝えしておきますと、もはや今回のカタリバ大学は、
「2040年の未来をデザインする」ことを目的としていません。
これは同窓会というか冠婚葬祭というか、ささやかな集いです。

ささやかで確かな、つながりと学びを確認することを、
寺脇さんの古希に捧げたいと思います。

16時からオープンして22時くらいまで開催する予定ですが、
何時にお越しいただいても構いません。途中入退室も自由です。

どなたでもオンラインでお集まりください。
お待ちしております!

文責:今村亮(カタリバ大学事務局)
====================
お申し込みはこちら
https://forms.gle/gVVrL3rnNdkPdCHL6
================
◆日時:
2022年7月12日(火) 16:00~22:00
自由な時間に参加してください。入退室自由です。

◆参加方法
オンライン(ZOOM)
※登壇者から招待された方のみ現地参加可能です(NPOカタリバ事務所)

◆参加費:無料

◆定員
100人

◆こんな人におすすめ!
・寺脇さんにお祝いを伝えたい
・ひさしぶりにカタリバ大学に参加してみようかな
・気になっていたので、ちょっとだけ覗いてみたい

◆学長
寺脇研さん
1952年福岡市生まれ。東京大学法学部卒業後、文部省(当時)に入省。 初等中等教育局職業教育課長、広島県教育委員会教育長、高等教育 局 医学教育課長、生涯学習局生涯学習振興課長、大臣官房審議官などを経て、 2002 年より文化庁文化部長、 2006 年退官。現在、映画プロデューサー、映画評論家、落語評論家、京都造形芸術大学客員教授。著書に『昭和アイドル映画の時代』 光文社知恵の森文庫 、『危ない「道徳教科書」』 宝島社 など。

◆スペシャルゲスト
西田亮介さん
東京工業大学准教授
1983年京都府生まれ。2006年慶應義塾大学総合政策学部卒業。12年同大学同研究科博士課程単位取得退学。博士(政策・メディア)。慶應義塾大学助教、立命館大学大学院特別招聘准教授などを経て、15年9月より現職。著書に『メディアと自民党』、『なぜ政治はわかりにくいのか』『ぶっちゃけ、誰が国を動かしているのか教えてください』など。

◆ゲスト
青木 悠祐さん(初代カタリバ大学事務局)1~10講
酒向 萌実さん「うちの高校にはどうしてカタリバが来ないんですか会議」35講
新居 日南恵さん「キズナハイスクール登校日、39日後の物語」43講 ほか
山口 祐加さん「映画は社会を変えるのか?」45~48講
石黒 和己さん「教育学部シリーズ」55~60講
松澤 瞳さん「寄り道学部シリーズ」61~68講
赤木 亮太さん「イノベーション学部シリーズ」69~80講
平田 志乃さん「幸せ学部シリーズ」69~80講
青木 優莉さん(0歳を育児中のママ)

◆タイムテーブル
15:30 カタリバ事務所開場(招待された方のみ)
15:45~ ZOOM開室
16:00~16:50 1時間目「学生が運営するカタリバ大学とは?」(山口 祐加・青木優莉)
17:00~17:50 2時間目「高校生団体の立ち上げと、10年後の今」(石黒和己・新居日南恵)
18:00~18:50 3時間目「高校時代に変えたかった社会像とは?」(酒向萌実)
19:00~19:50 4時間目「政治、教育、地域の未来像とは?」(赤木亮太・平田志乃・松澤瞳)
20:00~20:50 5時間目「ぶっちゃけ、誰が国を動かしているのか教えてください」(スペシャルゲスト:西田亮介さん)
21:00~懇親会 放課後「カタリバ大学の思い出話」(青木 悠祐・カタリバ大学現役学生スタッフ)

◆主催団体
認定特定非営利活動法人カタリバ

◆運営事務局
今村亮

◆お申し込みはこちら
https://forms.gle/gVVrL3rnNdkPdCHL6

◆お問い合わせ
カタリバ大学 Facebook
当日のZooms接続に関するお問い合わせなどは、少ない人数で運営しているもので、メールだと返信が遅れがちです。
https://www.facebook.com/kataribacastpage

【寄付募集中】高校生に「カタリ場」を届けるための費用が不足しています

生徒の将来のために「カタリ場」を導入したくても予算の問題で断念する学校も。1,000円で1人の生徒に授業を届けられます。高校生の未来を支えるため、応援のほどお願いいたします!

【学生の方へ】高校で出張授業を行う教育ボランティア募集中!

高校生と将来について考える授業「カタリ場」を届ける仲間を募集中です。教育現場で新しいチャレンジをしたい方、お待ちしています!