中高生が一歩を踏み出す場を一緒に作りませんか?

文京区にある、中高生の秘密基地b-lab(ビ-ラボ)は中高生の好奇心に火を灯す場です。
一緒に、中高生の心に火を灯しませんか?

こんな人にオススメ!

  • 大学ではできない経験をしてみたい
  • 日常の中で中高生にきっかけを届けたい
  • 中高生の居心地の良い居場所を作り出したい
  • 今の中高生の現状を深く知りたい
  • アクティブラーニング・プロジェクト型学習の実践に興味がある
  • 学校以外、教科以外の教育に携わってみたい
  • 地域と連携することに興味がある
  • 多くの人と一つのプロジェクトをつくりあげたい

中高生が新しい放課後を過ごせる場を作り出す

あなたは中高生時代、高校生時代どんな放課後を過ごしましたか?
部活に励んだり、テスト前に勉強したり、友達と遊びに行ったり…皆さんの多くは学校や塾などで時間を過ごしたのではないでしょうか?

b-labは2015年4月にオープンした、教育センター(複合施設)の中に開設する区内初の中高生向け施設です。

  • 写真

    区内施設でのイベント時の様子

  • 写真

    b-lab内での音楽フェスの様子

b-labは、いつでも、なんでも挑戦できる中高生の秘密基地です。

リビングのようにくつろげたり、みんなでわいわい勉強したり、新しい友だちと出会ったり、
バンド活動やダンス、バスケができたり、やりたいことに思いっきり打ち込んだり…

中学生や高校生が、様々なことに挑戦できる場を用意しています。

あなたの個性が、できたてほやほやの秘密基地を彩ります

写真b-lab館長
今村 亮

館長の今村亮です。
このページを見つけてくれてありがとうございます。

同じ制服を身にまとい、同じ机に座り、同じ教科書を開いているから、つい見逃してしまいそうになるわけですが、中高生の個性って、実はものすごく多様です。

部活命、バイト命、アニメ好き、音楽通、恋愛一直線、読書家、勉強熱心、絵師、映画通…
そのバラエティは宇宙のように日々膨張しているから、なかなか追いつけません。

しかし中高生の心の秘密基地のドアをノックするためには、彼ら・彼女たちとの共通言語を語る必要があります。

だから、b-labは多様なボランティアの参画を求めています。
あなたの「好き」を共通言語にして、中高生のための居場所とステージをつくりませんか?

あなたの個性が、できたてほやほやの秘密基地を彩ります。お会いできるのを楽しみにしています。


「やりたい」の実現をサポートする

参加してくれる中高生の可能性を引き出し、やりたいことに本気で取り組み、「やってみたい」をカタチにするチャレンジができる環境をb-labは作り出します。中高生の活動は多岐に渡ります。その中でボランティアスタッフ(キャスト)は、彼らの「やってみよう」を引き出し、プロジェクトに伴走していくことが必要となります。彼らの可能性を広げていくために、ボランティア(キャスト)の役割は大きく分けて3点あります。

中高生が安心できる居場所をつくる
写真
  • 中高生が安心して「自分のこと」を表現できるような環境づくり・場づくり
  • 中高生が日々の悩みや考えごとを相談できるような居場所づくり
  • スポーツや趣味(音楽・料理等)を通して関係性をつくる
中高生にきっかけを届ける
写真
  • 「中高生が「やりたい」を表現したくなるような日々の関わり
  • キャストの得意分野を生かした、中高生の新たな興味の発見につながるイベントづくり
  • 中高生が興味・関心をより深めるきっかけとなるイベントづくり・場づくり
  •                      
  • 文京区内の中学校・高校に対する出張授業、学習教室等への参加
中高生の「やってみたい」をカタチにするサポートを行う(チャレンジの場づくり)
写真
  • 中高生自身が企画・立案していくプロセスを引き出し、共に企画を進める・企画のサポートをする
  • 高校生のやりたいこと(資格獲得や受験)などのサポート
  • 中高生の「やりたい」が実現に近づくための知識や得意分野を生かしたスキル面でのサポート
 
b-labには学校内外の両面から今の中高生の現状に、深く触れることができる機会が沢山あります。
写真

教育学部、教員志望じゃなくても大丈夫。様々な学生が参加しています

2015年4月からオープンのb-lab!開館から1年経とうとしていますが、日々新しいチャレンジに取り組んでいます。そんな新たなことが生み出される場で、活動してきたボランティア(キャスト)の声を紹介します。

誰でもいいわけではない、自分だからこそできること

写真寺本 那奈
東洋大学3年生
(社会学)

もともと社会教育に関心があり、図書館での取り組みに興味があったけれど、ただ本とにらめっこしているのはあまり好きではありませんでした。

フロアキャストは中高生に近い立場でコミュニケーションをとります。彼らが自分を覚えてくれていて、「あ、てら!」と声をかけられることも多いです。誰でもいいわけではなくて、自分を求めて来てくれるというのは、とてもやりがいがありますよ。 自分だから打ち明けてくれる話もあるのかなと思います。

ここでの活動を通して、自分が取り組みたい社会教育のあり方が、少し見えてきたような気がしています。

中高生の考えていること・興味が、自分自身の刺激になる

写真池端 健さん
東京理科大学 修士1年(科学教育研究科)

フロアキャストを始める前、僕はコーチングを勉強していたのですが、「中高生のやりたい!を見つける」というのが、自分の学んでいたことに重なると感じ、やってみたいと思いました。

b-labにいると、中高生が「卓球しよう!」と遊びに誘ってくれたり、「勉強教えて!」と言ってくれたりします。 それをきっかけに話していると、思いもよらない一面が見えることもあって、彼らが考えていること、興味を持っていることが自分にとっても刺激になっています。

また、職員の方が中高生とコミュニケーションを取る様子を見るのも、自分にとってはとても勉強になります。

大人と子どもの間にいる存在のフロアキャスト、だからこそできること

写真江口省悟
東京大学修士1年

中高生が日頃の活動とそこにかける想いをプレゼンするイベントを見学し、彼らの姿に熱いものを感じました。 そこから、ここで活動する子どもたちの青春を見守りたいと思い、フロアキャストをやってみようと決めました。

中高生から将来の話を聞くのが好きで、夢や目標を語る姿を見ると、心から応援したくなります。自分自身も彼らから学ぶことが多く、半学半教の姿勢で中高生と関わっていけたらと思います。

フロアキャストは大人と子どもの間にいる存在。だからこそ、日常の中での対話を通して、中高生に何かきっかけを与えられる気がします。







※この他にも、もちろん教員志望の学生や、理系の学生も参加しています!


まずは気軽にボランティア説明会に参加してください!

説明会について

b-labでのボランティア・スタッフ(キャスト)に興味のある方は、まず説明会にご参加ください!説明会に参加するのは学生をはじめ、社会人(週2回の活動が可能な方を優先しております)も含めた、b-labに興味を持って初めて足を運んでいただく方々です。まだ、説明会に参加できるかわからないという方も大歓迎です。

                                                            
日程 この募集は現在終了しております。
時間 1時間半
内容 「b-lab」での活動内容などを説明致します。
場所 東京都文京区湯島4丁目7番10号
湯島駅(地下鉄千代田線)徒歩8分/
本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線)徒歩10分/
本郷三丁目駅(地下鉄大江戸線)徒歩8分
参加費 無料
活動期間 2016年12月初旬~2017年3月末
※約5カ月間のプログラムになります
活動頻度週2回
写真b-labスタッフがみなさんを
お待ちしています!

説明会の参加を考えている皆様へ

写真イベント時の活動の様子

b-labは中高生の秘密基地と謳っており、ここには多種多様な趣味や興味を持った中高生が集まります。家庭でも、学校でもない第三の場所だからこそ、チャレンジ出来ることを見つけてほしいな、とスタッフ一同考えています。

そんな中高生が「ちょっと興味があること」を言語化し、行動に移す手助けをすることが、フロアキャストには求められます。ちょっと年齢が上の先輩だからこそ築ける関係性を活かして、中高生の力を引き出す楽しみや、時には苦しみを一緒に感じましょう。そんな経験がキャスト自身にとっても、自分の強みや弱みに気づく場になれば良いなと思っています。難しそうなことを書きましたが、中高生主体のチャレンジを応援したい、今の中高生のことをもっと知りたいという方は、まずは説明会へ来てみてください。お待ちしています。

b-labボランティア担当  佐渡 加奈子 松元 雄基 澤田 恵美子


ボランティア参加には、特別な経験やスキルは必要ありません。

1人で参加しても大丈夫でしょうか?

もちろんです!毎回、ほとんどの方がお友達と一緒にではなく、1人でいらっしゃいます。教員志望でない人もいますし、その他ボランティア経験はいりません。「最初は不安だったけど、思い切って参加してみたら熱い志を持った仲間と出会えてよかった」という声もよくいただきます。

中高生のサポートを出来るか心配です・・・

ご安心ください。中高生に対して一対一で行うのではなく、職員やインターンスタッフも考えていきます。また、サポートの方法を一緒に考えていくミーティング(様子は下記の写真参照)等も定期的に行われるので、心配事なども随時相談し合いながら、活動をしていってもらえます。参加いただく皆さんの得意分野を活かしながら、一緒にb-labを作りましょう!

学校やバイト、サークルと両立できるか不安です・・・

ご自身のスケジュールに合わせて、参加する日を選ぶことができます。コンスタントに参加する方もいれば、集中的に参加する方もいます。
説明会にてスタッフも相談にのりますので、まずはお気軽に説明会にご参加ください。

  • 写真

    フロアキャスト定例ミーティングの様子

  • 写真

    b-lab内でのフェスイベントの様子