「復興への未来図」を発表 キズナハイスクール 8月5日からスタート

キズナ・ハイスクール開催!
女川・大槌・東京の高校生が描く「復興」を発表

「キズナ・ハイスクール」のプレスリリースを、報道関係者向けに配信いたしました。
詳細は、こちらからご覧いただけます。

特定非営利活動法人 NPO カタリバ(東京都杉並区・代表理事今村久美)は、
8月 5日(日)~ 8日(水)に、10年後の新しい未来を構想し、行動する人材を育てることを
目的とした「キズナハイスクール」を開催致します。
今回で2回目となる同スクールでは、震災から1年、本当の意味での「復興」とは「何か」を、
宮城県・女川町と、岩手県・大槌町の高校生、そして東京の高校生が、一緒に考え、
答えを見付けていくプログラムとなっています。企業を訪問しての“体験学習”や、
自分たちの視点で「復興」を考える“ワークショップ”などを実施していきます。


*昨年度のキズナ・ハイスクールの最終発表模様

女川・大槌・東京の高校生が描く「復興」を発表

■「課題発表会」 8月8日(水)12:15~14:00
■ 会場 アットビジネスセンター 403会議室(東京 八重洲)
■ グループ発表 「復興の未来図」
■ 個人発表   「今の私にできること」


NPOカタリバでは、東日本大震災で被災した、子どもたちのための放課後の学校
「コラボ・スクール」を立ち上げ、学習支援をおこなってきました。
そこから1年が経ち、苦しく辛い試練を経験したスクールの生徒たちから、
「支援される側を卒業したい」「自分たちも復興に役立てるようになりたい」
という夢が芽生えはじめました。
そこで、そんな彼らのために、社会の第一線で活躍している人々に触れる機会などの
提供の場としてキズナハイスクールがスタートしました。
そして2回目となる今回のキズナハイスクールでは、「本当の意味での復興」を考え、
「復興の未来図」「今の私にできること」、この2つに対する「答え」を、
自身の言葉で発表していきます。本当の意味での復興とは、
簡単に答えがでるものではないと思います。それを、彼らがどう捉えて、カタチにするのか、
発表は、8月8 日(水)12:15からです。

【参加者からのコメント】(一部抜粋)
僕は将来看護士になって「たくさんの人を助けたい」という夢があります。
そうなりたいと思ったのは、この震災を経験したからです。
その夢や大槌のために、今自分が出来る事を考えました。
「高校生は、子どもじゃない」とよく言われますが、出来る事は限られてます。
だから僕は、自分が出来る事を積極的にやっていこうと思います。
自分が出来る事は、様々な人と出会い、様々な経験をする。
そして、様々な考えが自分を成長させてくれる。
その事を僕はコラボ・スクールで学びました。
コラボ・スクールで、たくさんの人に出会い、経験した結果、
僕は前よりすごく成長したと思います。
なので、キズナ・ハイスクールは、僕にとって、自分を成長させてくれる場だと思いました。
キズナ・ハイスクールでの経験を、将来の夢や大槌の復興に役立てたい!
色々な人と関って成長したい!これが僕のキズナハイスクールに参加したいという決意です。

■プログラム内容

【体験学習1】 「復興の未来図」を描くヒントを探すツアー : 8月6日(月) 12:00〜16:30

・「グローバルの力」 外国法共同事業法律事務所リンクレーターズ
・「人の幸せを考える力」 博報堂生活総合研究所
・「ITの力」 グーグル株式会社
・「モノをつくる力」 株式会社マザーハウス
・ワークショップ企画  ワクワーク株式会社              (順不同/敬称略)

各企業に高校生が訪問し、それぞれのテーマについてワークショップや、座談会を通じて、
企業の社員の目線を知り、社会に触れていきます。

【体験学習2】 ナイトウォーク:8月6日(月) 18:00〜19:45

今回のキズナハイスクールのメイン・パートナーであり、
大槌町のコラボスクールを開校時から全面的にサポートしていただいている
バンクオブアメリカ・メリルリンチの社員のボランティアの方々によって、
英語で日本橋、銀座界隈のガイドをおこなう、ナイトウォークを実施していきます。
この体験学習は、キズナハイスクールを皮切りに、大槌町の高校生が英語で
大槌町のガイドができるようになることを目標としています。
今回の体験で、どのようにガイドをしているかを体験し、今後の活動に活かしていきます。
また、9月には、今回のバンクオブアメリカ・メリルリンチのボランティアガイドの方々が、
実際に大槌町へ訪問し、高校生による英語のガイドで大槌町を回ります。
今回の学習が、どのように活かされるのか。 ぜひ、今後にご期待ください。

【成果発表】 中間発表:8月8日(水) 10:00〜11:00

10:00〜11:00で中間発表を企画しています。
こちらでは、バンクオブアメリカ・メリルリンチの社員のボランティアの方にご協力頂き、
発表をする各クループのサポートをして頂きます。
高校生と社会人の「ナナメ」の関係を作りながら、自分たちの「考え」を
効果的に伝えるべく発表準備を進めていきます。

【課題発表会】  8月8日(水) 12:15~14:00 

■ グループ発表 「復興の未来図」
■ 個人発表   「今の私にできること」
■ 会場 アットビジネスセンター 403会議室 (東京 八重洲)
東京都中央区八丁堀1-9-8 明光商会本社

今回のキズナハイスクールで学んだ事を、発表する集大成の場です。
様々なプログラムを通じて、体験した事を、今後に活かすべく、復興をどのように捉えて、
未来に繋げるのか、自分自身の言葉で、「復興の未来図」「今の私にできること」を
発表していきます。

一般の方からの観覧応募はこちらから承っております。



■協力企業・講師

・バンクオブアメリカ・メリルリンチ様
大槌町の高校生の旅費、交通費をご支援頂きました。
また、中間発表や、ナイトウォークのイベントにもご協力頂いております。

・外国法共同事業法律事務所リンクレーターズ様
女川町の高校生の旅費、交通費のご支援を頂きました。
また、「復興の未来図」を描くヒントを探すツアーにもご協力頂いております。

・グーグル株式会社様
・博報堂生活総合研究所様
・株式会社マザーハウス様
「復興の未来図」を描くヒントを探すツアーにご協力頂きます。

・井上英之様(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特別招聘准教授)
・山田貴子様(株式会社ワクワーク・イングリッシュ 代表取締役)
ワークショップの企画、運営にご協力頂きます。

■ 企画・運営
特定非営利活動法人 NPOカタリバ
東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F
TEL : 03-5327-5667 / FAX : 020-4665-3239

プレスリリースの詳細は、こちらからご覧(PDF)いただけます。

【寄付募集中】高校生に「カタリ場」を届けるための費用が不足しています

生徒の将来のために「カタリ場」を導入したくても予算の問題で断念する学校も。1,000円で1人の生徒に授業を届けられます。高校生の未来を支えるため、応援のほどお願いいたします!

【学生の方へ】高校で出張授業を行う教育ボランティア募集中!

高校生と将来について考える授業「カタリ場」を届ける仲間を募集中です。教育現場で新しいチャレンジをしたい方、お待ちしています!