【メルマガ】被災地の受験生たちの冬

※11月22日に配信したメルマガを記載させていただきます

こんにちは、NPOカタリバ山内です。

すっかり冬に一足突っ込んでしまったようで、
だんだんと朝夕の冷え込みが厳しくなっていますね。

カタリバでは、宮城県女川町で“被災地の放課後学校”
女川向学館/コラボ・スクールを今年7月に開校しましたが、
こちらの冬はもっと寒いそうです。

現地スタッフによると、「朝、窓を開けると、一面霜で真っ白」
生徒たちは、上着を着込み、膝掛けをして、
ホッカイロを手にしながら授業を受けています。

さて、先月に私も初めてこの女川町に行ってまいりました。

今回のメルマガでは、そこで会った子どもたちの様子を
レポートしますね。

【女川向学館については、こちらの映像をご覧ください】

「学びたい子どもたちに、学びの場を。」 (約1分)
 http://www.collabo-school.net/?page_id=803

 すっかり日も暮れた18時から始まった、中学生の授業。

 英語や数学など、学年に分かれてスクール形式の講義が
 進むなか、平行して行われるのが個別指導です。

 私は、中学3年生の女の子の個別指導を
 担当させてもらいました。

 その日のテーマは“平方完成”。

  y=x2-4x+3

 上のような練習問題を解くなかで、分からなかった箇所を
 教えながら、一緒にテキストを進めていきました。

 あと半年を切った高校受験に向けて、熱心に机に向かう彼女。

 つまづきながらも、時折「分かった!」と嬉しそうな
 顔を見せてくれたのが心に残っています。

 彼女は決して、「勉強ができる」生徒ではありません。

 集団での授業にはついていけず、
 この個別指導クラスで補修を受けているくらい。

 それなのに翌日、文化祭があった土曜日。

 びっくりしたのは、ヘトヘトのはずのこの日も
 自習室に来て、勉強していたことです。

 彼女は受験生。追い込みに入るこの時期、
 勉強に熱が入るのも当たり前かもしれません。

 でも、この女川向学館に2日間いて、
 生徒たちの熱心な学習ぶりから感じられた、
 この「勉強したい」という気持ち。

 その背後には、「勉強したくてもできなかった」
 体験があったのかな、と思いました。 

 沿岸部の建物の多くが津波に流された女川町。

 もちろん、震災直後は勉強などできる状況では
 ありませんでした。

 避難所暮らしを強いられた子どもたちも多くいましたし、
 学校も3月中は休校。

 津波で流されなかった家でも、
 「子どもは、水の配給車がこないかを見張って、水を汲む役割」
 など日々の生活で精一杯だったそうです。

 震災前に、中学生の平均で1日96分は
 学校外での学習時間(平日)をとれていましたが、
 4月には、57分と半分近くに落ち込みました。

 中学3年生にとって、夏は受験の天王山。

 被害の激しかった地域も、軽かった地域も関係なく
 受験競争は訪れます。

 「震災があったから、夢をあきらめた」
 「志望校に行けなかった」

 このような想いは絶対抱いてほしくない!と
 私たちが立ち上げたのが、コラボ・スクールです

 開校後の8月には、学校外学習の時間は2時間35分と、
 震災直後の約3倍にアップ。

 「学んだことを無駄にしないように毎日がんばります。」
 「いつになるかわかりませんが、何かの形で恩返しできたらと思います。」

 といった声とともに、83%の生徒が「今後も通いたい」と
 答えてくれるなど、私たちは手ごたえを感じています。

 最終日、女川第一中学校の文化祭を
 見学させてもらいました。

 英語での弁論を行った生徒さんのスピーチが
 印象に残ったので、最後に紹介させてもらいますね。
 (※英語なので、訳の正確さはご容赦ください!)

 > > >

「私は小さな頃から、お花屋さんになりたいと思っていました。

  大好きだったおばあちゃんが、お花が好きだったからです。
 図鑑を見たり、本を読んだりしながら、花についてたくさん調べました。

 去年、夢だったお花屋さんで3日間の職場体験をしました。

 思っていたようなキレイな仕事だけではない、汚いこと、
 辛いこともたくさんあることがわかりました。

 だけどお店の人は、お客さんに笑って対応していました。
 自分だけ笑顔で仕事をできていないことに気づきました。」

「3月11日。おばあちゃんは津波で亡くなりました。

 とても悲しい気持ちでいっぱいです。

 でも、おばあちゃんがいなくなった今だからこそ、
 お花屋さんになって、お花が何もなくなった女川を
 花でいっぱいの女川にしたいと思っています。

 震災で何もなくなったけど、お葬式に行く大人たちが、
 『せめてお花だけでも』と、お花を持っていく姿をよく見ます。

 お花の力はすごい。寂しい仏壇も華やかになります。

 女川町にもう一度花を咲かせたいと思って、
 震災後、花の種を植える活動をしています。
 これからも頑張りたいです。」

 > > >

 秋の文化祭が終わり、3年生は本格的な受験モードに。

 冬が深まるにつれて、女川町は朝夕の冷え込みが
 厳しくなっていますが、子どもたちは熱をもって勉強に励んでいます。

 現地のスタッフたち、ボランティアに訪れる方々たちが、
 彼らを精一杯サポートしています。

【募集】ストーブ灯油寄付

 東北の寒い冬も、暖かい教室で学べるように。

 年末までストーブ灯油のための寄付を募集しています。

 震災後、初めて迎える冬。

 中学3年生にとっては勝負のこの時期、
 子どもたちが 集中して勉強に打ち込めるように。

 ぜひ、ご支援をお願いいたします。

 [お申し込み] http://www.collabo-school.net/?page_id=1010

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】特定非営利活動法人 NPOカタリバ
http://www.katariba.net/

【文責】 山内 悠太

 - サポーターとしてのご支援ください -

  あなたからの月1000円で、10人の高校生に
  カタリバの授業を届けられます。
  http://www.katariba.net/heart/

※本メールは、NPOカタリバのメルマガにご登録いただいた方、
 会員の皆様、職員と名刺交換させて頂いた方にお送りしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【寄付募集中】高校生に「カタリ場」を届けるための費用が不足しています

生徒の将来のために「カタリ場」を導入したくても予算の問題で断念する学校も。1,000円で1人の生徒に授業を届けられます。高校生の未来を支えるため、応援のほどお願いいたします!

【学生の方へ】高校で出張授業を行う教育ボランティア募集中!

高校生と将来について考える授業「カタリ場」を届ける仲間を募集中です。教育現場で新しいチャレンジをしたい方、お待ちしています!