『明治大学教職課程年報』No.32に、副代表:竹野の寄稿文を掲載頂きました!

2010.4.26 事例紹介

『明治大学教職課程年報』No.32、【実践の記録】p90~91に、
副代表:竹野優花の寄稿文
『齋藤孝ゼミ「杉並プロジェクト」から始まった‘こんな場がほしかった’を一人でも多くの中高生に』を掲載して頂きました。

副代表がカタリバを立ち上げた原点が記されています!

本の詳細: 『明治大学教職課程年報』 No,32 発行:2010年3月 発行元:明治大学教育実習指導室

【寄付募集中】高校生に「カタリ場」を届けるための費用が不足しています

生徒の将来のために「カタリ場」を導入したくても予算の問題で断念する学校も。1,000円で1人の生徒に授業を届けられます。高校生の未来を支えるため、応援のほどお願いいたします!

【学生の方へ】高校で出張授業を行う教育ボランティア募集中!

高校生と将来について考える授業「カタリ場」を届ける仲間を募集中です。教育現場で新しいチャレンジをしたい方、お待ちしています!