【メディア掲載】長崎新聞・西日本新聞(佐世保版)に掲載〜初の長崎開催〜

2016.3.29 メディア掲載

2016年3月15日付の長崎新聞・西日本新聞(佐世保版)にて、長崎県松浦市志佐町の県立松浦高校にて長崎県初のカタリバの模様が掲載されました。

参加した県立松浦高校2年生98人は、年の近いボランティアの大学生らと会話を深めながら将来について考え、最上級生となる新年度からの学校生活に向けての意欲を高めました。

「大学生のリアルな話を聞く機会はないので、面白くて刺激になった」
「今できることを頑張ってみようと思った」(記事抜粋)

以上のような前向きなコメントも頂きました。

1人でも多くの若者達が主体性を持ち人生を歩めること目指し、カタリバは全国各地で活動を広げていきたいと思います。

◆記事全文は以下よりご覧ください。

長崎新聞
(長崎新聞)

西日本
(西日本新聞[佐世保版])

【寄付募集中】高校生に「カタリ場」を届けるための費用が不足しています

生徒の将来のために「カタリ場」を導入したくても予算の問題で断念する学校も。1,000円で1人の生徒に授業を届けられます。高校生の未来を支えるため、応援のほどお願いいたします!

【学生の方へ】高校で出張授業を行う教育ボランティア募集中!

高校生と将来について考える授業「カタリ場」を届ける仲間を募集中です。教育現場で新しいチャレンジをしたい方、お待ちしています!